歯列矯正の方法を選ぶ

MENU

金属ブラケットで治療する

歯並びが悪いままだと、見た目が悪くなるだけでなく、
歯の隙間などに歯垢が溜まり、口臭の原因になったり、
虫歯や歯周病を引き起こすこともあります。
そのままにしておくと将来の歯の健康にも悪影響が出るので、
出来る限り早めに歯列矯正で綺麗な歯並びを作りましょう。
歯列矯正は矯正歯科などで行われていますが、
矯正歯科は専門歯科ということもあり、様々な治療法を選択することができます。

 

歯列矯正の中でも、最も基本的な方法といわれるのが金属ブラケットという治療法です。
金属ブラケットは、金属で作られた固定具で、
歯に直接取り付けることによって少しずつ歯の位置を調整して、
正しい歯並びに強制することができます。
最も基本的な矯正装置ということもあって、
一般的な歯医者で歯列矯正を受ける際も、
金属ブラケットを使用しているところが多いです。

 

金属ブラケットは、安価で使いやすいという特徴があります。
安価というのは歯列矯正には特に重要なポイントで、
場合によっては100万円以上掛かる歯列矯正をより安値で行えるようになります。
使いやすいという特徴ですが、金属ブラケットは耐久性が高く、
様々な歯並びに対応することが出来るため、
他の方法ではケアできない歯並びであっても、綺麗な歯並びに矯正することができます。

 

非常に使いやすい金属ブラケットですが、欠点として非常に目立つという点が挙げられます。
最近は小型化も進んでいますが、金属面がむき出しで歯の表面に取り付けられるので、
見た目が非常に悪くなってしまいます。
矯正歯科ではもっと目立たない歯列矯正も行っているので、
見た目が気になるという方は歯科医に相談してみてください。
個人的におすすめな歯医者さんはさくら歯科です。

審美ブラケットで目立たずケア

矯正歯科は、その名の通り歯列矯正を専門に行う歯科で、
本当に歯列矯正だけを行う矯正歯科はそれほど多くはありません。
そのため利用する機会はめったにありませんが、
歯列矯正に関する技術力は非常に高く、
一般的な歯科よりも高度な治療を受けることが出来たり、
他では受けることが出来ない最新治療を受けることが出来るところもあるといいます。
 
歯列矯正は固定具が非常に目立つという印象を持ち、
それを気にする方は多いのですが、
最近はそうした患者に配慮してより目立たない審美ブラケットを使用する矯正歯科が増えています。
技術的にも一般的な金属ブラケットとほとんど変わらないので、信頼性が高いのも嬉しいところです。

 

審美ブラケットは、従来のブラケットに金属パーツを使用していた部位を、
プラスチックなどを使用することで、白や透明といった目立ちにくい固定具で強制を行う事ができます。
さらに金属を使用せずに治療することが出来るので、
金属アレルギーを持つ方も歯列矯正を行う事ができます。
矯正歯科によっては金属パーツを特殊な塗料で塗装したものを使っていることがあるので、
金属アレルギーがあるという方は、予め金属を使用するかどうか確認してから治療を依頼するようにしましょう。

 

審美ブラケットは遠めに見ると目立たないので、
回りの見た目が気になるという方がよく利用していますが、
金属パーツを塗装している場合は、使っている途中で塗料が取れることがある野で注意が必要です。
また、プラスチックなどを使用している場合は、
金属を使用するよりも固定力が弱まるため、大きな歯並びの歪みには対応出来ない可能性があります。

更新履歴