部分矯正のメリットとデメリット

MENU

部分矯正のメリットとデメリット

矯正治療というと、歯に銀色の矯正器具をつけて治療を行う全体矯正が一般的です。
しかし、矯正治療には2種類の治療法があり、全体矯正と、部分矯正があります。
では、部分矯正のメリットとデメリットについて紹介します。

 

まず全体矯正の場合、治療費が80万円〜90万円と高額なお金がかかってしまいます。
歯は矯正したいけれど、矯正治療にそんなにお金をかけるのは負担が大きすぎる、そう思っている人も多いはずです。
ですが、部分矯正の場合は、比較的費用を抑える事が可能です。

 

矯正器具の取り付けにかかる費用は30万円〜50万円と、全体治療と比べると半分程度になります。
ただし、注意点として、部分治療を本人が望んだ場合でも、全体治療でないと、矯正できない場合があります。
なぜかというと、歯の生え方や歯並びの乱れなどの状態で、部分治療で矯正が可能かどうか変わってくるからです。

 

他の歯並びは特に問題がないけれど、前歯だけ出っ歯で気になる、そんな気になる部分だけ治療を行う事を部分治療といいます。
部分治療の場合は、全体治療とは異なり、治療期間も短期間となります。
他にも部分治療のメリットは、一部分だけ矯正器具を装着するため、目立たない点や、装着の違和感も少なくてすみます。

 

メリットの多い部分矯正ですが、デメリットも存在します。
それは、部分的に治すため、歯を削る量がどうしても多くなってしまいます。
歯を多く削る事で、歯の強度が弱くなってしまう恐れがあります。
そして、全体矯正の方が部分矯正よりも、綺麗に仕上がります。
やはり、矯正は全体のバランスを見て、咬み合わせを考えて矯正するものなので、
部分矯正だと全体の咬み合わせまで考慮する事ができません。
一部分のみの治療という事で、多少の妥協は必要となります。