矯正治療は自費診療なので保険が適用されない

MENU

矯正治療は自費診療なので保険が適用されない

一般的に矯正治療では、80万円〜90万円前後の治療費がかかると言われています。
この治療費を高いと感じる人は多いでしょう。
なぜこんなに治療費が高いのかというと、矯正治療には健康保険が適用されないためです。

 

歯科医院では、健康保険が適用されるものと思っている人も多いと思います。
確かに虫歯や歯周病の治療の際には、保険が適用されます。
しかし、矯正治療は審美に該当するため、保険が適用されず、全額負担となってしまいます。

 

保険が適用されない治療の事を自費診療と呼び、治療費用と診療内容は全て医療機関が自由に決める事が可能です。
矯正治療を受ける医療機関によって、金額にも大きく差が生じるため、医療機関選びも重要だと言えます。

 

ただし、矯正治療でも、保険が適用されるケースが存在します。
先天的な咬合機能に障害がある、口蓋裂や口唇裂の場合と、外科治療が必要な顎変形症の場合です。

 

あと、保険が適用されない場合でも、医療費控除は受けられます。
医療費控除とは、年間で10万円以上医療費を支払う場合に、確定申告を行えば、所得控除を受けられる制度です。
矯正治療は、80万円〜90万円の費用がかかるため、
かならず領収書を保管しておき、年度末に忘れず確定申告を行うようにして下さい。
控除額は、所得の金額と、治療費の金額によって異なるため、個人によって違ってきます。
あくまで医療費なので、美容目的での審美治療は認められないケースがあります。
矯正治療でも、咬み合わせの改善を目的にした医療行為である事が、重要なポイントとなります。