ワイヤー矯正の種類について

MENU

ワイヤー矯正の種類について

矯正治療と聞いてイメージするのは、銀色の矯正器具をつける方法だという人も多いでしょう。
これはワイヤー矯正と呼ばれる治療法で、矯正治療の中ではもっとも一般的な治療法だと言えます。

 

銀色の矯正器具は「金属ブラケット」と呼ばれ、丈夫で費用も最も低額です。
ただし、銀色で目立つから嫌だという人もいるでしょう。
そんな人のために、ワイヤー矯正には、いくつかの矯正器具が選択できるようになっています。

 

「審美ブラケット」とは、言葉通り、審美に重点をおいた矯正器具の事です。
銀色ではなく、セラミックやジルコニアなどを素材とした、透明や白色の目立たない色で作られています。
しかし、その分費用は高くなります。
またブラケット自体は目立たないですが、ワイヤーは銀色なので、全く他人から気づかれないという訳ではありません。

 

「セルフライゲーションブラケット」は、従来の固定されたワイヤーの矯正器具を装着していると、痛みを伴うケースがあります。
これはワイヤーとブラケットの摩擦が原因です。
セルフライゲーションブラケットなら、摩擦力を軽減された装置なので、装着していても痛みが軽減されるメリットがあります。

 

「リンガルブラケット」は舌側矯正の事です、表側だと目立つので、舌側に目立たないように装着します。
ただし、デメリットもあります。舌に直接触れるため、違和感を強く感じ、また発音がしずらくなってしまいます。
費用が表側の装置の1.5倍かかってしまいます。

 

それぞれの治療法には、メリットとデメリットがあるため、よく把握し、
担当医に相談した上で、どの治療法を行うか決めるようにして下さい。

 

C&Cデンタルオフィス